金縛りにあってよく妻を叩き起こすTさんの怖い話

怖い話
この記事は約4分で読めます。

金縛りにあってよく妻を叩き起こすTさんの怖い話

オウマガトキFIlMのキャメラマン担当であるTさんが体験した怖い話です。Tさんの話は本当に怖いので閲覧注意、自己責任でお願いします。恐怖の先を知りたい方は参考にまでにどうぞ。2020年12月26日に生配信された中で紹介された怖すぎる話です。

【本記事の内容】

  1. #21【中辛】の呟き
  2. テレフォンカードの怖い話
  3. 金縛りにあった怖い話
オウマガトキFILMさんのチャンネル登録者数が13万人こ超えました!

それでは、参考にどうぞ。

スポンサーリンク

金縛りにあってよく妻を叩き起こすTさんの怖い話

オウマガトキFILMのサブチャンネル、(心霊)カメラマンT初編集作品 第一回 怖い話選手権でも金縛りにあった怖い話が紹介されていましたね。

オウマガトキFILMプロフィールはコチラ

Tさんは、よく金縛りに遭遇しては不可解な出来事を体験しているようです。

#21【中辛】の呟き

葬式:起
今(2020/12/26)から半年ほど前に、祖父が旅立ってしまった。地元の田舎に帰って、お通夜や葬式やら葬儀をすることに…。気持ちの整理をし、一旦事が落ち着いたので、自宅へ帰ることになった。ちょうどその頃、オウマガトキFILMでは「#21【中辛】霊の出る古い井戸の中に入って蓋をしたら、そこは一体どんな世界なの?《心霊》」が配信されていた。
井戸と言えば:承
当時、トモがTwitterでその動画を宣伝して呟やいていた…。#21ではトモが古井戸に入り、1人検証をしている。この呟きを見て「古井戸と言えば、あの有名な映画に出てくる貞子だ」と、Tは連想した。トモの呟きに対し、井戸に入るトモの様をもじって「貞男」と笑いを誘うように呟くことにした。そのうち、ヒロもこの呟きに参加して大いに盛り上がることに…。
呟いた回数:転
「貞男」、2回目の呟きをした。日時は、日曜の夜22時を周った頃。翌朝は仕事で朝が早いため、そろそろ就寝しようと考える。「少しばかり体調が優れない気がするな」そう感じながらも床に就くことにした…。日付が変わって深夜2時頃、突然、心臓をえぐられような痛みで目が覚める。強烈な痛みに耐えかねて、隣で寝ていた妻を叩き起こした。
考えられる原因:結
その後、自宅付近にある病院まで妻に連れて行ってもらうことなった。「普段から睡眠不足気味だったので、これが原因かな」そう思った。そして次のようなことも思ってしまう…。「僕の亡くなったおじいちゃんは、『さだお』なんですよ。もしかしたら、ツイッターでその名前を使ったのを(あの世から)見て、怒って僕を攻撃してきたんじゃないかな…」

上記の話を隣で聞いていたヒロさんとトモさんは、生配信で的確なコメントを以下のように返しました。

トモ「おじいちゃんが(かわいい)孫にそんな攻撃するわけない(笑)」、ヒロ「孫にそう思われているお爺ちゃん可哀想…」

確かにその通りですね(笑)

毎度お馴染み、散々ツッコミが入って今回も「怖い話」失敗となりましたね(笑)

スポンサーリンク

怖い話[短編]

トモさんの怖い話[短編]を以下で紹介します。

  1. テレフォンカードの怖い話
  2. 金縛りにあった怖い話

テレフォンカードの怖い話

他にも、トモさんの実家にまつわる怖い話かあります。恐怖に耐性が無い方は遠慮することをお薦めです。

閲覧注意】時系列を整えると以下の内容です。

  1. 住職の息子に言われた忠告
  2. 階段隙間の怖い話
  3. 夜の学校

トモの怖い話:略述

住職の息子言われた忠告

幼少期に家族から聞いた話。当の本人は幼かったため記憶がない。住職と家族によって一旦終息したかのように思えた。住職の息子の発言が本当ならば、今後、凄い展開を迎える予感がする…。

夜の学校

舞台はトモが高校時代。後日談で明かされた、怖いけど切なさが残る話…。

階段隙間の怖い話

実家は平屋。その後、増改築をして2階建てとなった。付け足すように造られたので、階段の隙間には多少のズレが生じた。その隙間を覗き込むと…。

金縛りにあった怖い話

「ガチだからオチのない怖い話」の次章で記事しています。

怖い話まとめ

金縛りにあってよく妻を叩き起こすTさんの怖い話

  1. #21【中辛】の呟き
  2. テレフォンカードの怖い話
  3. 金縛りにあった怖い話

以上でまとめとなります。

つい先日まで、

オウマガトキFILMさんのチャンネル登録者数が12万人でしたが、ここ数日のうちに、1万人も上昇して勢いに乗っていますね。

おめでとうございます。パチパチパチ!

筆者も楽しみに動画を視聴させて頂いております。

これから更に冷え込みそうなので、お体を大切にして下さいね。

それでは、最後までご覧くださりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました