カクテルパーティー効果とカラーバス効果とは?【心理学】

心理学
この記事は約6分で読めます。

カクテルパーティー効果とカラーバス効果とは?【心理学】

人混みにいてガヤガヤした場でも、自分の好きなアーティストの曲が流れると聴こえたという経験はないでしょうか。

騒がしい雑踏の中でも、自分の興味があったり、関係があるフレーズだと自然と耳がキャッチする現象のことを「カクテルパーティー効果」と言います。

「新社会人のあなたへ」「子育て中のママは必見アイテム」など、限定的な人へ向けられた広告やタイトルをよく見かけたことはないでしょうか。

自分や自分と関係のある人物に該当する場合、たくさんの視覚情報から選択してキャッチする現象を「カラーパス効果」と言います。

今回Zenon’s Libraryでは、カクテルパーティー効果とカラーパス効果の基本的な内容と活用方法をご紹介します。恋愛、ビジネス、セルフケアに応用して是非あなたのものにしてください。

スポンサーリンク

カクテルパーティー効果とは?

カクテルパーティー効果とは「耳から入った音声情報を脳が無意識に選択して聞き取る」ことで、1953年に、心理学者のコリン・チェリー氏によって提唱されました。

カクテルパーティーのようにたくさんの人がバラバラに会話をしている中でも、自分と会話する相手の声や自身の興味が高いフレーズが発せられると無意識に多くの音声情報から耳が取捨選択して聞き取る傾向にあります(トップ・ダウン)。

しかしマスク着用していたり、どうしても騒がしい空間にいる場合は、耳からの音声情報だけでは脳が判断できないため視覚情報を利用して「聞こえ」を補っていることも可能性としてあがっています(ボトム・アップ)。

カクテルパーティー効果の実験

カクテルパーティー効果がどのように人に及ぼすのか、アメリカで実験がされました。

男女の被験者に15分会話をさせ、その15分の間で複数の相手と会話をさせます。すると、会話の中で名前を多く呼ばれた相手に対して親しみや好意を持ったという実験結果がでました。

このことから、人は無意識に自分に興味がある聴覚情報を取捨選択していることが分かりました。

カクテルパーティー効果の活用方法

アメリカの実験から「カクテルパーティー効果を上手に使えば他人の印象を良い方向に持っていけるのでは?」と思った方もいるでしょう。①相手の名前を呼ぶこと、②興味のある話をすることは、恋愛やビジネスシーンで役立つ活用方法と言えます。

例えば、婚活パーティーやマッチングアプリで出会った相手と話す時に、名前をよく呼んだり、相手の興味のある話をするとあなたの印象が残るでしょう。しかし、最初から名前で呼ぶのと馴れ馴れしいので、マナーとして苗字から呼びましょう。

お互いの距離が縮まって、「自然に」名前を呼べると良いですね。

ビジネスシーンでは、ターゲットを絞ると良いです。「コーヒーいかがですか」と言うよりも、「(ホット/アイス)コーヒーはいかがですか」と具体的に言うと、耳から脳に刺激されて集客や売上につながるでしょう。

カクテルパーティー効果で脳を鍛える

カクテルパーティー効果を意識的に使うと、脳が鍛えられて、情報処理能力が向上すると言われています。

駅やショッピングモールなど、賑やかなところで意識的に1つの音や会話に意識をおいてみたり、特定の楽器に集中して音楽を聴いてみると良いです。

カクテルパーティー効果がない人

カクテルパーティー効果は、発達障害を持っている方や感覚過敏と感覚鈍麻を持っている方には難しいと言われます。

しかしながら、カクテルパーティー効果が弱いから必ずしも障害というわけではないようです。選択的注意力が弱い人も該当するようです。

次に、カクテルパーティー効果と類似するカラーパス効果を以下で説明します。

スポンサーリンク

カラーバス効果とは?

カラーバス効果とは、「目から入った視覚情報を脳が無意識に選択して認知する」ことで、「color(色)」を「bath(浴びる)」の認知に由来します。

色や言葉の視覚情報の選択現象によってイメージできるあらゆる意識はカラーバス効果によって起きると言われています。

人込みや雑踏の中でも自分に関係がある話題だったり、興味があるキーワードを自然に聞き取ることができる心理現象「カクテルパーティー効果」と類似します。

例えば、今日の占いであなたのラッキーアイテムは「黒のサングラス」だったとします。すると、いつも以上に黒のサングラスを意識して、サングラスがキャッチされやすくなります。

それでは、「黒のサングラスに意識を向ける」という情報が脳に入っている前提で、次の画像を見て下さい。

「黒のサングラス」と仮定したので、すぐに意識が向いたのではないでしょうか。

このように、見つけにくい状態であったとしても、人は意識しているとすぐに探しだすことができます。

人は聴覚と同じように、視覚から得た情報を無意識に取捨選択してある特定のものを認識しているのです。つまり、自分が見たいものを意識的に選択している傾向があるとも言えます。

カラーバス効果を体験してみる

カラーバス効果を体験できる動画があったので紹介します。

たった1分弱の間で、彼らは何回パスを回したのか数えてみましょう。しっかり数えられた方は、おもしろい結果が体験できると思います。

カラーバス効果の活用方法

カクテルパーティー効果と同じようにカラーパス効果も恋愛やビジネスで活用する方法があります。

 

相手の名前を文字にしたり、相手の興味がある話を文章にしてみたりすると良いです。

「受験生に必見な参考書」、「30~40歳向けの婚活パーティー」、「大好きなあの人にあげたい最高のバレンタインチョコ」

このように、具体的で限定的な活用方法でカラーバス効果を利用すると良いですね。

カラーバス効果で読書の時短

カラーバス効果を使って便利に読書する方法があるようです。

タイトルと目次を意識してインプットしてから読書をすると、本の要点だけを拾って時短になるようです。

速読できる人はこれを無意識にしているのかもしれませんね。

まとめ

カクテルパーティー効果とカラーバス効果とは?【心理学】

聴覚や視覚情報を無意識に取捨選択して、自分に関係や興味のあるものだけ認識する現象をカクテルパーティー効果(聴覚情報の選択)とカラーバス効果(視覚情報の選択)と言う。

このように、人は、潜在的に選択して生活しています。

最後に、潜在意識と意識の画像をご覧ください。

この画像からも分かるようにほぼ潜在意識で生活してます。以上を踏まえて「引き寄せの法則」を読むと良い結果につながる可能性が上がるでしょう。

それでは、まとめとさせて頂きます。

記事をご覧くださり、ありがとうごさいました。

皆さんに、良いことがありますように…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました