【心理学】100パーセントの力を発揮するヤッキーズ・ドットソンの法則

心理学
この記事は約5分で読めます。

今回のゼノンの継承者では、【心理学】100パーセントの力を発揮するヤッキーズ・ドットソンの法則を紹介します。

  • リラックスした状態が本気をだせるのか?
  • ストレス状態にある時本気をだせるのか?

ストレスは100パーセントの力を発揮するために、とても必要不可欠な要素の1つです。それを上手くコントロールできれば、あなたの持っている能力をいつでも十分に引き出せるはずです。

スポンサーリンク

ヤッキーズ・ドッドソンの法則とは

ヤッキーズ・ドットソンの法則とは、高すぎず低すぎない適切なストレス(覚醒)状態の時、人は100パーセントの力を発揮できるとする法則です。

この法則は、以下の実験で発見されたものです。

ネズミを迷路に入れ電気ショックを与えるという実験を行ったところ、僅かな電気ショック(ストレス)状態の場合、通常の状態よりも早くネズミは迷路の出口に辿り着きました。強すぎる電気ショックだと、ただ逃げ走り回るだけでした。

人も同様に、多少のストレス下にあった方が注意力や集中力が高まり100パーセントの能力を発揮できます。また、過剰なストレスは却って能力低下を招きます。

このことから様々な場面で、十分に本人の能力を引き出すためには、ある程度のペナルティ(罰)が必要。

あなた自身、或いは教育者にとって必須のプロセスと言えます。

「ペナルティ(罰)」は作業や学習をする者にとって覚醒状態に持って行かせるトリガーなのです。

適切なストレス状態を与えることが出来れば、100パーセントの力を発揮させる効果が期待できます。

(例:テストで78点取れなければ、追試)

また、行き過ぎたストレス状態を与えるようなペナルティは100パーセントの力を発揮する妨げとなります。

(例:テストで100点取れなければ、追試と宿題を出す)

このように覚醒状態と100パーセントの力を発揮する密接な関係性を出した理論が「ヤッキーズ・ドットソンの法則」です。

課題の性質、また、各個人により最適な緊張状態は変わります。ヤッキーズ・ドットソンの法則を深く学んで、時間の質・効率を上げていきましょう。

スポンサーリンク

100パーセントの力を発揮するには

100パーセントの力を発揮するには、適切な覚醒(ストレス)状態に持っていくことが必要です。

その状態に持っていくには、ペナルティ(罰)が必要です。ご褒美も覚醒させるのに必要なペナルティです。

 

資格・免許の学習に臨む時であれば、

  • テストの金額を払っている/合格すれば資格・免許が取得できると考えるA
  • テストの金額を払っている/仮に取得できても必要性がないと考えるB

この二択で言えば、Aの方が100パーセントの力を発揮しそうです。

それでは同様に、次のような場合はどうでしょう。

務め先に資格取得を促された従業員が資格の学習に臨む時、

  • 合格すれば資格手当を約束され、テスト料も返すと言われた従業員A
  • 合格すれば昇格と昇給が約束され、不合格なら解雇と言われた従業員B

であれば、従業員Aはメリットが多すぎてプレッシャーが低いとされやる気の発揮が難しいですよね。従業員Bであれば、プレッシャーが高すぎて本領発揮が見込めません。

このように、どちらのケースも逆効果になり覚醒状態になりづらくなります。報酬が多すぎても、ペナルティが強すぎても100パーセントの力を発揮できません。

100パーセントの力を発揮するためには、適切な覚醒状態が必要である。

これが、ヤッキーズ・ドットソンの法則の基本となります。

【心理学】覚醒状態の作り方

【心理学】覚醒状態の作り方は、環境や各個人の適切なストレス耐性によって大きく変わります。

反復練習や単純作業のような環境の下では、「手抜き」や「ミス」が頻繫に生じてしまい、各個人が100パーセントの力を発揮するのが難しくなります。また、ストレス耐性が弱い人は意欲も低下してしまいます。

このケースの場合は、それを防ぐためにやや高めのストレスを与えることが必要です。覚醒状態の作り方としては、きつめのペナルティを課す手段が有効的です。或いは、飛び切り嬉しい報酬を用意すると効果的でしょう。

対象的に、

複雑で不規則性のあるような環境の下では、環境自体が与える各個人へのストレスが高すぎの状態のため各個人が100パーセントの力を発揮しづらいといえるでしょう。

同様に、ストレス耐性が低い人は、環境という外発的な要因がマインドという内発的気持ちの揺れを与えてしまい、アンダーマイニング効果が発動してしまいます。

(※アンダーマイニング効果:内発的に意欲がある人に対して外発的な環境要因を与えてしまうと内発的気持ちが途切れてしまうという心理。)

以上のことから、複雑で不規則性のある環境の下にある場合は、比較的軽めのペナルティを与えることが有効的とされます。

  • 環境が単純なケースは大きなストレス
  • 環境が複雑なケースは小さなストレス

以上が、環境に応じたヤッキーズ・ドットソンの法則による100パーセントの力を発揮させる覚醒状態の作り方です。

スポンサーリンク

【心理学】ヤッキーズ・ドットソンの法則を顕在的に活用しよう

過度にストレスを作ったり、リラックスをし過ぎないようにしましょう。

ヤッキーズ・ドットソンの法則を理解して、覚醒状態が作れるようになったらあらゆる分野で応用できるかもしれません。また、100パーセントの力を発揮するには、自分のストレス耐性を知ることが重要です。

上手くストレスをコントロールすることで、あなたの持っている能力を100パーセント引き出せるはずです。

以上でまとめとなります。

最後までご覧くださりありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました