オウマガトキのヒロの前職(不動産屋)で起きた実体験とは?【心霊】

怖い話
この記事は約5分で読めます。

オウマガトキのヒロの前職(不動産屋)で起きた実体験とは?【心霊】

 

【ヒロ生配信】オウマガトキFILMのヒロさんによるグタグタ怪談話(1時間40分)の中で語られた前職での実体験談をまとめました。オウマガトキのメンバーが体験した、不可解な撮影前の裏話や気になる動画の続編の話なども以下で紹介します。

スポンサーリンク

オウマガトキのヒロの前職(不動産屋)で起きた実体験とは?【心霊】

オウマガトキFILMの生配信で、ヒロさんの前職は不動産屋であることが分かりました。また、当時の不可解な実体験や怪談話【心霊】がいくつかあったので以下で紹介します!

オウマガトキのヒロの前職(不動産屋)時代の実体験

起:一階にある物件での実体験

ヒロさんは前職は不動産屋で、管理部門に所属していました。ヒロさんが当時、担当していた物件は古い物が多いとのこと。当時、管理部門にはアパートやマンションの住民から「隣から異臭がするから、ちょっと様子を見て欲しい」と頻繁に電話が入りました。その都度、ヒロさんが若い頃はよく現場に出向く役目をしていたようです。ある日、上記の件で、大家さんから連絡が入ります。どうやら同じ事由で、大家さんも住民から苦情の電話が入っていて困っている様子でした。「来て(確認して)欲しい」と言われたので、現場へヒロさんは向かうことになります。いざ、現場に到着して問題の一階にある物件を確認してみると様子がおかしい…。ポストには幾分日投函されたであろう新聞が折り重なっている。部屋の裏、ベランダへとまわると、窓のカーテンはびっしりと何かで押し付けられている。よく見ると窓が「真っ黒」で埋め尽くされている。事故が起きている(自〇or突然〇etc..)或いは、夜逃げした?

承:「におい」の真相

ヒロさんは、真相を突き止めるため、問題の部屋へと戻ります。「ドンドンドン!(部屋の住人の名前)さん居ますか?」、何度か試したが反応はなし。「扉開けますよー!」と、幾度も声掛けをしましたが、それでもやはり返事は戻ってこない。明らかにおかしい…。そう思ったヒロさんは、仕事の経験上の勘で、問題の部屋扉のポストを開けて「におい」を確認してみることに…。そして、開けた瞬間に漂ってきた生暖かい腐敗臭によって、憶測が確信に変わりました。ヒロさんはこの「臭い」の正体は、生ごみの類ではなく、それだということを経験上直ぐに判断。なぜなら、それを嗅ぐと一瞬で吐いてしまうくらいの強烈なものだったからです。

転:部屋の中を確認

その後、ヒロさんは鍵を使って、問題の扉を恐る恐る開けることに…。部屋の中は完全にゴミ屋敷。ベランダの窓を押さえつけていた正体はこれでした。また、真っ黒」に埋め尽くしていたものが「ハエの大群」であることを理解しました。ヒロさんは、腰くらいまであるゴミをかき分けて中へと進んで行きます。しかし、部屋には人の気配がない。よくあるドアノブやクローゼットの扉を開けてもやはり、どこにもいない。「夜逃げかな?」とホッと胸をなでおろしながら最後に浴室へと向かいます。すると、浴室の擦りガラスの向こうには、人の足が見えました…。

結:嘘のようなホントの実体験

ヒロさんは、その現場は遠目で見て確信。救急と警察に連絡を入れることにしました。すると、救急は「心肺蘇生処置をして下さい」と返答。明らかに可能性はゼロであることを説明しても、電話の向こうからは同じ返事が戻ってきました。ヒロさんは当時を振り返り、その返事に対して、それが本来の救急としての役目だからだと語っていました。電話でやり取りをしているうちに、ヒロさんの元に連絡を受けた警察が続々とやってきました。第一発見者である以上、建前上は容疑者扱いとなってしまったヒロさんは、外で詳しく事情聴取を受けることに。その間に、検死担当であろう人が、靴や頭にビニールをかぶせて次々に部屋へと入り、ご〇体を片付け始めました。しかし、自体は難航している様子…。暫くして、人が駆け足に部屋から飛び出してきた途端、ゲーゲー吐いていました。そこに上司らしき人の怒号が響き渡ました。「馬鹿野郎!一体どうしたんだ?」、「すいません!実は…で!」ヒロさんは話から状況を推測すると、ご〇体が水分を吸収してパンパンに膨らんでしまい、浴槽から運び出せない事を察しました。そのため、浴槽の栓も取れず、小さな容器で少しずつ水をすくい出していたようです。ヒロさんの推測を裏付ける証拠に、担架で運び出されたブルーシートをかけられたご〇体は、浴槽の形をしているのが窺えました。
スポンサーリンク

不可解な撮影前の裏話や気になる動画の続編の話

オウマガトキFILMのメンバーが体験した撮影前の不可解な裏話や、気になる動画の続編をリストして以下に表示します。

  1. AKAZUMAの続編の件について
  2. 逆さまの遺影の家の撮影前の怖い裏話
  3. 先輩から聞いた怖い怪談(某廃病院の話)
  4. いいもん見しちゃろかおじさん(都市伝説的な話)
  5. 伝染する怖い話(※一人暮らしの方は特に閲覧注意)

※上記項目のは後日更新します。

ゼノン
ゼノン

お待たせしました。1.と2.は「撮影前の怖い話」、3.はまとめの「ヒロが聞いた怖い話」、4.と5.は「203号室の怖い話」で記事しましたのでよろしければ参考にしてください。

オウマガトキFILMのヒロさんが、前職の不動産屋時代に体験した実話が残り二つ存在します。こちらもまとめ次第更新します。

オウマガトキFILMのヒロさんの実体験:まとめ

オウマガトキのヒロの前職(不動産屋)で起きた実体験とは?【心霊】

  1. オウマガトキのヒロの前職(不動産屋)で起きた実体験とは?【心霊】
  2. 不可解な撮影前の裏話や気になる動画の続編の話

以上でまとめさせていただきました。

流石、オウマガトキFILMのヒロさんの実体験でした。恐怖のネタが尽きないのが凄いですよね。実際に動画をリアルタイムで観させていただいたのですが、怖くてトイレ行けなくなりました(笑)

小学生以来でしょうか、久々にお風呂入るのが怖くなりました…。

ゼノン
ゼノン

今回は、多忙で時間が作れずオウマガトキFILMさんの動画を観れなかった方や、再度おさらいしたい方の為に記事にさせて頂きました。これを機に、オウマガトキFILMさんに興味を持った方は是非、動画鑑賞をおススメします!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました