宮城県の怪談!祟られる心霊スポットの怖い話

怖い話
この記事は約7分で読めます。

宮城県の怪談!祟られる心霊スポットの怖い話

宮城県は幽霊が出るだけでなく、口に出すとたたられる心霊スポットの怖い話や、霊能力者が「遊び半分で来たらあの世に連れて行かれるから行くな」と忠告した心霊スポットがあるようです。宮城県仙台市みやぎけんせんだいし関山せやまトンネルや八木山橋やぎやまばしの心霊スポット、解読かいどくするとあの世に連れて行かれると言われる「乙女おとめいのり」の怪談、今はもう廃業して誰もいない旅館「ホテル湯泉楼とうせんろう」の祟られる心霊スポットの怖い話など、以下でご紹介していきます。

ゼノン
ゼノン

宮城県の怪談や心霊スポットの怖い話は更新していく予定なのでお見逃しなく!

スポンサーリンク

解読するとあの世に連れて行かれる!?乙女の祈りの怪談

日本三景にほんさんけいと名高い松島まつしまには、解読するとあの世に連れて行かれると言われる、乙女おとめいのという怪談があります。言い伝えによれば、ある男女の交際関係のもつれから、この地で自ら命を絶った少女が切り株に遺書いしょったと言われています。「乙女の祈り」という美しい表現とかけ離れたとても恐ろしい怪談です。言い伝えはこれだけでなく、乙女の祈りを解読した人があの世に連れて行かれてしまった過去もあったようです。切り株に残された遺書が以下の文になります。

コノときヲモッテおのれ限界げんかいッタ

大自然だいしぜんキルイギヲうしな

おのれッテ

コレヲ征服せいふくセネバナラナイ

昭和しょうわ四六 ニ 一男

切り株に残された遺書「乙女の祈り」

ちなみに、少女は近くの岸壁がんぺきから海に身を投げたとも松の木で首をつったとも言い伝えがあるみたいですが、もともと自ら命を絶つまでにいたらなかったという情報もあります。しかし、周囲にある松の木を見渡すと、切られた松の木は遺書が彫られたこの木だけです。これは憶測ですが、もしかするとそういうことかもしれません。

松島まつしま

こんな怖い話もあります。数十年前、地元のテレビ局が「乙女の祈り」を取り上げたところ、レポーターを担当した女性が放送後、車で関山峠を運転していました。すると隣を走行していたトラックが急に横転、車ごと女性レポーターは押しつぶされてしまいました。お盆中に起きた事故のようです。そうそう、ところで1つ言い忘れていることがありました。松の木に残された遺書「乙女の祈り」は声に出して読んではいけないみたいです。もしかして声に出してないですよね?

幽霊目撃が後を絶たない関山トンネルの怪談

宮城県仙台市みやぎけんせんだいし山形県東根市やまがたけんひがしねしを結ぶ関山峠せきやまとうげにある旧関山きゅうせきやまトンネル(関山隧道)は、1960年代から女性の幽霊が目撃されて以来、有名な心霊スポットです。少し違う部分がありますが「フッと消えてしまう」ところが共通点で、特にタクシー運転手の間で有名な怖い話です。関山トンネルの怪談は次の通りです。

関山トンネルに向かう道の途中、1人ポツンと手を上げる女性をタクシー運転手は見つけたので車に乗せた。後部座席こうぶざせきに座る女性に行く先をたずねる。「作並温泉さくなみおんせんの〇〇病院びょういんまで」と、女性がこたえた後、運転手は関山トンネルを抜け、目的地の〇〇病院へ向かった。作並温泉の街まで来たタクシー運転手は、ルームミラー越しに後の座席を確認した直後、危うくガードレールにぶつかりそうになり、急ブレーキをかけた。それもそのはず、さっきまで後部座席に乗っていた女性が忽然こつぜんといなくなっていた。後ろの座席を調べると、女性がいた場所はぐっしょりと濡れていた。

この怪談は、少し違う部分はあるものの、「フッと消えてしまう」ところは共通していて、タクシー運転手の間では有名な怖い話です。どうやら、1958年ごろ、関山峠せきやまとうげで病院に向かう途中の母子交通事故ぼしこうつうじこが起きて以来、女性の幽霊が出るようになったそうです。ここ数年前では、別の幽霊の目撃も相次あいついでいて、主にバイカーの間でうわさが広まっています。ツーリングで関山トンネル内を走行中そうこうちゅう、いるはずのない女性がバイカーの腰にしがみついていた。前方を走るツーリング仲間の後部座席に知らない男性がまたがっていて、後方を走るバイカーにニヤリと笑った。いずれの話も関山トンネルを抜けた瞬間、忽然こつぜんと消えてしまうそうです。関山トンネル付近は、交通事故多発エリアとしても有名ですが、幽霊ゆうれいに連れて行かれないようにお気を付けください。

宮城県仙台市には、関山トンネル以外にも怖い場所があります。それが身投みなげの名所めいしょで良く知られている八木山橋やつぎやまばしです。山間部さんかんぶにあって、昼間ひるま通勤者つうきんしゃ観光客かんこうきゃくにぎわう八木山橋ですが、夜は静かでまるで別世界です。夜間に橋から下を覗けば、吸い込まれそうになるような感覚に陥ると言われているようです。それでは、同じく幽霊目撃ゆうれいもくげきが多い「八木山橋」にまつわる怪談かいだんをご紹介します。

スポンサーリンク

無数の白い手が誘う八木山橋の怪談

宮城県仙台市で、身投げの名所としてよく知られている八木山橋。身投みなげが多い理由は、はしの高さにあります。橋から下に広がるたつ口渓谷くちけいこくまでの高さはおよそ70メートルあって、身投げすると助かることはありません。幾度いくどとなく落下防止用らっかぼうしようフェンスが設置せっちされましたが、およそ2メートルあるフェンスをよじのぼってまで身投げする人が後を絶たないようです。八木山橋での身投げ問題はまだまだ課題かだいが残るようですが、どうしてここまで措置そちをしているのに後を絶たないのでしょうか。ここ八木山橋やつぎやまばしでは、橋の下から無数むすうしろが伸びきて、何かにさそわれるように引きずり込まれるという怪談があります。特に、霊感が強い人はこの錯覚におちいりやすく、フェンスに近づくだけでも体調を崩してしまうようです。

橋を歩いていると、うめき声や誰かが耳元みみもとでボソボソ話しかける声が聞こえる。写真を撮ると背後に女性の霊らしきものが写る。顔がつぶれた男性が橋の上にいる。以上のような幽霊目撃ゆうれいもくげき頻繁ひんぱんにあるようです。どうやら橋の下には供養くようするほこらがあって、花がそなえられているようですが、これ以上八木山橋で悲劇ひげきが起こらないように祈りたいものです。

祟られる心霊スポット!ホテル湯泉楼の怖い話

全国的に有名な鳴子温泉なるこおんせんの中に、今はもう営業していない廃旅館「ホテル湯泉楼とうせんろう」があります。ホテル湯泉楼(ホテルニュー鳴子)はむかし、火事があって多くの宿泊客しゅくはくきゃくが亡くなってしまった過去があるようです。そのため、今でも彷徨さまよう幽霊が無数にいて、霊感れいかんのある人は入り口に近づくだけでも引き返してしまうと言われています。

全国的に有名な心霊スポットとなってしまったホテル湯泉楼とうせんろうですが、過去に多くの霊能力者がこの地へ訪れては、口をそろえて次のように忠告をします。

絶対ぜったいに、このホテルに立ち入ってはいけない」

霊能力者

幽霊が出る心霊しんれいスポットになってしまった廃旅館はいりょかん「ホテル湯泉楼」ですが、どうしてそこまで霊能力者たちがねんすのでしょうか。どうやら、この旅館の何処どこかに、ダイヤル式の電話が置いてある部屋があって、電話線でんわせんがつながっていないのに鳴るようです。もし、受話器じゅわきを取ってしまった場合はたたられるか、最悪さいあく、命の保証はないという怖い話があります。くれぐれも冗談半分じょうだんはんぶんで行ってはいけない心霊スポットです。

まとめ

さて、宮城県松島みやぎけんまつしまにある乙女おとめいのり、仙台市せんだいし位置いちする関山せきやまトンネルの幽霊、無数の白い手が橋の下から伸びてくる八木山橋やぎやまばし、廃旅館「ホテル湯泉楼とうせんろう」の心霊スポットでまとめました。たたられる心霊スポットの怪談かいだん、怖い話はみなさんどうだったでしょうか。私は編集へんしゅうしながら「マジ無理むりだわ(泣)」と、はんべそをかきながら取り組んでいました。「まだまだ余裕よゆうだよ!」というたのもしいこころを持つ読者どくしゃさまは、北海道、青森県、岩手県の怖い話もありますので、是非ぜひお読みくださいね。冒頭ぼうとうで伝えたように、勇気ゆうき体力たいりょくがあれば更新こうしんしますのでお見逃しなく!

良かったらいいね!ツイッターフォロー!サイトの登録とうろくをお願いします!それでは、今回も最後さいごまでお読みいただきありがとうございました。

ゼノン
ゼノン

さて、お後がよろしいようなので。

profile
Zenon's Library
ぜのん

読書が好きな本の虫。ペットは金魚。5年ほど水泳コーチをしていたので、実は心霊より詳しい。クセつよ霊感持ち、オバケ反応ゆるめな田舎男子。

ぜのんをフォローする
怖い話
スポンサーリンク
ぜのんをフォローする
ゼノンの継承者

コメント

タイトルとURLをコピーしました