オウマガトキFILMの初霊体験の怖い話

怖い話
この記事は約5分で読めます。

オウマガトキFILMの初霊体験の怖い話

オウマガトキFILMのサブチャンネルで紹介されていたヒロさんの怖い話です。ヒロさんが初めて経験した霊体験です。トモさんの話でお腹いっぱいでしたが、やはり『恐怖』は別腹ですね。

【本記事の内容】

  1. オウマガトキFILMの初霊体験の怖い話
  2. オウマガトキFILMまとめ:動画
ヒロさんは二人の姉がいるようです。

それでは以下参考にどうぞ。

スポンサーリンク

オウマガトキFILMの初霊体験の怖い話

オウマガトキFILMのサブチャンネル、(心霊)カメラマンT初編集作品でトモさんの次の番に紹介されたヒロさんの怖い話『初めて経験した霊体験
家族とキャンプ:起
初めて心霊体験を経験したのは、ヒロさんが小学校3年生くらいの頃。毎年夏になるとキャンプに行く、そんな家庭で育ちました。キャンプ場でご飯を作ったり、テントを張ったりと家族で楽しい時間を過ごした後、大体時刻が夜9~10時を周ったら就寝に入るといった流れでした。ヒロさんは、三人姉弟の末っ子長男。両親が寛いでいる中、子どもたち(姉二人とヒロさん)だけでキャンプ場の近くにある林で遊んでいました。遊びに夢中になっていると辺りは日が落ちてきて、段々と暗く不気味な雰囲気に。気づいたら就寝時間が近づいていました。姉弟三人は、テントのある場所まで戻ることに。しかし、一人だけ戻ってきていません、1番上の長女が行方不明になりました。今まで一緒に遊んでいたはずなのに…。

捜索:承
てっきり先に長女はキャンプ場に帰ってきたと思っていたヒロさんと次女。2人の様子を見て察したのか、『あれっ、お前らお姉ちゃんどうした?』と父親が不思議そうな顔で声をかけてきました。ヒロさん達は事情を説明。その後、「何処かに長女が居ることを知っているのでは?」と思い両親に尋ねました。『イヤイヤ、来てないよ』と儚い期待を裏切るかのような返事が父親から戻ってきました。親が寝るテント、子供たちが寝るテント、心当たりのある場所を探してみることに…。一向に見当たらず、次第に辺りは真っ暗に。流石にこれはいけないと焦り始めた父親は、次女とヒロさんを連れて、林の方向へと足を運びました。懸命に、皆で長女の名前を叫びながら捜索しますが反応はなく、林の中は暗く不気味さが増していく一方…。ヒロさん達が元気よく遊んでいた場所は、まるで別世界のようでした…。

オウマガトキFILMプロフィールはコチラ

おかしな様子の長女と父親:転

あっ!居たー!』、突然静寂を切るように次女の声が響き渡りました。彼女は遠く、林の向こうの方を指さしています。暗いので見通しが悪く、距離もあるので、それが長女であるのか確認は出来ません。なんとなくヒロさん達は、誰かがそこに立っているシルエットを確認しました。遠くからですが、観察するに長女と背丈が同じように見えたので、少し期待しながら、恐る恐るその人影へと歩んでいきます。『もう行く(戻る)よー』と声をかけながら近づきますが、人影は微動だにしません。違和感を覚えながらも更に進んでいくと、姿がはっきりしてきました。そこから更に距離を縮めていくと、長女と思われる人物が立っているのが見えてきました。しかし、妙な違和感を覚えました。長女はヒロさん達の方を向いていますが、その顔は満面の笑みでこちらを向いてずっとを振っていました…。『おーい!何してるんだ?』父親の声に一切反応を示さない一番上のお姉さん。次第に父親が怒りを濁したような口調で『いい加減にしろ!』と叫びながら、100メートル、50メートルと徐々に距離を縮めていきます…。その間もずーと長女はニコニコしてを振っているまま…。父親だけでなく、ヒロさん達も尋常じゃない様子に気づき始めました…。すると突然、『居たよー!』とざらついた感情を吹き飛ばすように、母親の大きな声が、遠く後方から聞こえてきました。『え?』、三人は自分達が置かれている林の中での状況に、頭の処理が追い付かない様子…。『テントの中で寝てるわー!』と続けて叫ぶ声が聞こえてきました。それに反応するようにテントの方へと顔を向け、『いや、ここに(長女)居るよ』と再び林の方へと目を移すと、先程までいた姉らしき人物は居なくなっていました…。ヒロさんと次女は、『(今)居たよね!(長女)居たよね!』と声を合わせるように話しましたが、何故か父親だけはどこか納得した様子で冷静に『何も見なかった事にしろ』と言い『もうこの話はやめろ…』と静かに言いました。

オウマガトキFILM:203号室の怖い話はコチラ

何か知っている父親:結

父親が発した言葉にはどこか怒りが混ざっていたので、それ以上の詮索はできなかったヒロさん達。テントの方へと向かって戻っていきました。その後、キャンプ場で起こったこの出来事は、家族間で口にしてはいけない、暗黙のルールとなってしまいました…。そうして時は流れ、最近になってヒロさんは父親にその時の事を尋ねてみることに。『あの時(林の中で)、どう思っていたの?』父親は当時、ヒロさん達には黙っていましたが、長女に関した奇妙な体験をいくつも経験していました。話を聞くと、どうやら一番上のお姉さんは霊感があり、度々同じような事があったようです。急に長女が居なくなったと思ったら遠くの方で立っていて、次の瞬間、後ろから姿を現す(ドッペルゲンガー)等々、このような事が頻繁にあったと言うのです。そのため、キャンプ場で起こったあの日、ヒロさんの父親は一人だけ納得した様子だったのです。
スポンサーリンク

オウマガトキFILMまとめ:動画

オウマガトキFILMの初霊体験の怖い話

オウマガトキFILMのサブチャンネル、(心霊)カメラマンT初編集作品でトモさんの次の番に紹介されたヒロさんの怖い話『初めて経験した霊体験』でした。

以上でまとめとなります。

オウマガトキFILM:トモさんの怖い話

※他にもトモさんやTさんの怖い話があったので気になる方は動画を観ることを推奨します。

(心霊) カメラマンT初編集作品 第一回 怖い話選手権

今回の記事が少しでも皆さまの参考になれれば嬉しいです。

これからもオウマガトキFILMさんを応援します!

それでは最後までご覧くださりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました