アバウトガールズの怖い話まとめたよ!

怖い話
この記事は約5分で読めます。

アバウトガールズの怖い話まとめたよ!

【閲覧注意】オネエが語る「本当にあった怖い話」第1弾~第5弾。実際の体験談、故に背筋が凍る。だがしかし、何故かクスクスと笑いがこみ上げる。

ゼノン
ゼノン

終始、語手が怖いのか、話が怖いのか、それすらも分からない。今宵はこの2人の世界にじっくりと浸っていこう。

スポンサーリンク

アバウトガールズの怖い話まとめたよ!

怖い話まとめ第1弾で案内人を務めるオネエ2人組「アバウトガールズ」。

まず、物語に浸かっていく前に、この2人を紹介したい。1人目がヴィヴィアン・モンロー。出身地は福岡県との噂。霊感が強く(第六感がある)、いつの間にか聞き手を惹きつける話術を持ち合わせている。一度『ヴィヴィアンワールド』に入ってしまうと逃げることは出来ない。また、安定感があり、相方が狂乱してしまっても優しくフォローする人柄である。笑いのセンスも抜群である。

続いて2人目がアリス・ヘップバーン。出身地は群馬県とあるが、定かではない。むしろ、彼女の詳細こそ定かでない。その人物は特殊能力(第三の目)を持っているとされ、妖艶な見た目とは裏腹に、どこか怖さを感じる。そこもまた魅力の一つである。彼女はセンスがあるというより「笑い」「恐怖」そのものである。その能力は決して侮ることが出来ず、『アリス・ワールド』に気づいたら入っている。いつ術をかけられたのか分からないほどの力の持ち主。(※良い意味で。)

【閲覧注意】オネエ2人の怖い話

※【閲覧注意】オネエ2人の怖い話は、厳選して紹介します。

今回は第1弾をまとめました。

松戸のアパートの一室

 

高校を卒業後、上京して松戸の一室に住むことになったヴィヴィアンさんの話。福岡で東京の物件を探すことに。不動産を訪ねてみると「東京には物件はもうない、一件もない」と言われた。そんなはずはないが、純粋だった彼女はこれを鵜呑みにして「どこが空いてますか」と返す。「東京の松戸が空いてます。その、1件だけしかない」と言われたので、しょうがなく承諾した。引越し先のアパートは床が全てカーペットの部屋だったが、それ以外は普通の見た目だった。異変が起き始めたのは、住み始めて2週間ほどたった頃。リビングと廊下を繋ぐ扉のドアノブが勝手に「ガチャン」と動く。その他に、テレビ(ブラウン管式)から不可解な音が聞こえるようになる。これはおかしいと思い確認をしたが、特に異常は見つからない。そして、もう一つおかしな出来事が起るようになる。夜眠りにつくと、寝ている頭上を”知らない誰”かが、足を擦って歩いているような音が聞こえてくるようになった。最初は気にしないようにしたが、それが次第に日常茶飯事となってきた。これを不思議に思い、再び原因をつきとめることにした。テレビからの怪奇音が何処から発生しているのか、くまなく捜索してみた。すると、その音の正体をつきとめることが出来た。テレビ(ブラウン管式)の裏、網々に爪を立てて出す音と酷似していたのだ。流石に怖くなってきので、引越そうと考えたが、金銭的に余裕がなかったので何もできなかった…。続きは彼女達の動画で…
スポンサーリンク

M君からの真夜中の電話

随分前に付き合っていたM君から真夜中、電話がかかってきたアリスさんの話。ほとんど彼女から連絡していて、当時の彼からは連絡がほとんどなかった。マンションに一人暮らしをしていた彼から、ある日珍しく電話がかかってきた。それも、時間は深夜2時をまわった頃。電話に出ると「お願いだから、寝るまで会話してくれない?」と言った。どうやら話を聞くと、「実は人生で初めて金縛りにあって。それが鮮明に見えたんだ。」「今もそれが見えてる、見られながらも今電話している」とのこと。彼女は彼に詳しく”それ”の姿を聞くと、「真っ黒な人の形をした影が、口だけ笑っている。」と言い、続けて「俺の周りを走っていて、怖くなって目を瞑ったんだ。」、「恐る恐る目を開けると、目の前にそいつがいる。」と言った。「うわっ!と声を出すといなくなったんだけど、また気配を感じてベランダを見るといる」と口早に説明してきた。つまり、実況しながら、今電話しているということになる…。続きは動画で…。

アノ人の訪問

ヴィヴィアンさんの身に起きた怖ろしい話「アノ人の訪問」。

例の松戸アパートに住んでいた時に、実はもう一つ体験した物語。深夜の2時前後にインターファンが鳴った。「はーい」っと何の気の迷いもなく返事。知らない男の人の声で扉ごしに「助けてください」。不思議に思った彼女は玄関の覗き穴から外の様子を確認してみた。外には、知らない男の人が倒れていた。まだ上京したてで、まったく警戒心なかったヴィヴィアンさんは、ドアを開けた。するとスッと、男は部屋に入ってきた。「大きな男に追われています、助けてください。匿ってください。」男の見た目は、綺麗なブーツを履き、身なりもそれなりに整っていた。前髪はパーマをかけており、長身でイケメン。「警察呼びましょうか?」と言うと、「それだけはやめてください。」と返事をした…。不思議に思いながらも、彼女は2階のアパートから外を見るが、人の気配は一切ない。そうこうしていると、その男が「ドアのカギ閉めますね」と扉の鍵をかけた。そこでようやく事態のヤバさに気づいた彼女は、靴下をバレないように何重にも履き、飛び降りて逃げる準備をする…。

Aちゃんの真実

アリスさんの友人Aちゃんは、実は潔癖症。それも少し変わっていてなんでも人様のトイレは使えないという。この話は当時、付き合っていたAちゃんの彼氏との間で起きた物語…。

【閲覧注意】アバウトガールズchの動画

【閲覧注意】アバウトガールズchの第1段目となる怖い話の動画を紹介。筆者が記事したことと同じ内容かもしれないですが、話に多少のズレがあるかもしれないの動画を観ることをおススメします。

オネエ2人(本人)から直接話された話の方が、よりリアルで怖いです…。なのに何故か笑える。

まとめ

今回はyoutuberの「アバウトガールズ」さんについて紹介しました。

動画を観た方は分かると思うのですが、怖いはずなのに何故か笑えますよね(笑)

話自体はとても怖いのですが、どうしてでしょうか。それはさておき、みなさんは今回のこの物語についてどう思いますか?純粋に怖くなかったでしょうか?

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました