神田沙也加はなんで歌が上手いのか?

テレビ
この記事は約5分で読めます。

神田沙也加さんと言えば、「アナと雪の女王」でお馴染ですよね。

作中で披露した歌がとても上手く印象的でした。

  • 「雪だるまつくろう」
  • 「生まれてはじめて」
  • 「とびら開けて」

その歌声は子どもから大人まで酔いしれてしまうほどでした。

でもここで素朴な疑問がありますよね?

神田沙也加さんはなんで歌が上手いのでしょうか?

そこには色々な理由が隠されていました。

スポンサーリンク

神田沙也加はなんで歌が上手い?

@sayakakanda on Instagram: “収録なう。 #ソーシャルディスタンス”
5,975 Likes, 62 Comments - @sayakakanda on Instagram: “収録なう。 #ソーシャルディスタンス”

カップラーメンを食べている

声優さんや歌手は、なんといっても喉のコンディションが大切です。

喉のケアやコンディションの調整はその声優さんや歌手によって様々です。

加湿器で喉を潤したり、のど飴を舐めたり、

みなさんそれぞれ声に極力負担を与えず本番で100%出せるようにしています。

ところで、神田沙也加さんの場合はというと、「カップラーメン」を食べることに秘密がありました。

一体どういうことなのかと調べていくと、カップラーメンをを食べることで喉の調子を整えているそうです。

神田沙也加さんは、

「歌う前には結構食べてます。程よい油温かいのが(喉を)通るので」

と語っていました。

これは珍しいコンディションの整え方ではないでしょうか?

また、歌のレッスン中には頻繁に食べているそうで、

『歌う機会が多い時はカップ麺を食べる量も(回数)も多くなります』

と語っていました。

もはやそこまでいくと願掛けにも感じます。

ところで、そんなに食べているのにどうして神田沙也加さんはスラっとしたスタイルを維持できているのかそっちのほうが疑問ですよね?(笑)

よーく、考えたらシンプルな答えが見つかりました。

みなさん、カラオケで歌った後に画面に消費カロリーが表示されるのはご存じかと思いますが、

多分、答えはそれでしょうね。

歌手や声優さんはプロなので発生の仕方や歌っている回数も桁違いだと思います。

消費カロリーも普通の方より多いのではないでしょうか。

ちょっと話はズレましたが、

神田沙也加さんが歌が上手い理由が1つ解明されましたね。

カップラーメンを食べることでした!

スポンサーリンク

母・松田聖子さんの存在

神田沙也加さんの母親と言えば、誰も知らない人はいないでしょう。

歌手としてデビュー40周年を迎える松田聖子さんの歌唱力は誰もが認めるほど透き通る声で、心に響く歌声です。

松田聖子さんの代名詞は、『永遠のアイドル』と言っても過言ではないです。

そんな松田聖子さんと同じ道を歩むこと決めた神田沙也加さん。

神田沙也加が15歳で歌手デビューした当時は、

メディアにことあるごとに、『同じ道を選んでも比較されてつらい思いをするだろう』と聞かれたそうです。

それが彼女の中でいつしか『歌手=タブー』という考えに。。。

しかし、そんな考えを持ちながらも歌手としての道をあきらめずに歌手活動を続けた神田沙也加さん。

一度は芸能から離れたものの、舞台にて幅広く活躍。

そして、みなさんもご存じ『アナと雪の女王』アナ役でその歌声を披露。

その歌の上手さで神田沙也加さんの知名度がいっきに上がりました。

今では『松田聖子の娘』ではなく、『神田沙也加』として歌唱力が認めらるようになりました。

神田沙也加さんの偉大な母『松田聖子』さんの存在が神田沙也加さんを育てたんですね。

良い意味でスパイスになり、彼女を歌手として作りあげたのではないでしょうか。

神田沙也加さんが歌が上手い理由がまた1つ解明されました。

偉大なる母『松田聖子』さんの存在でした!

スポンサーリンク

計算された歌い方

神田沙也加さんは、以前放送された番組で、

『いつでも性格に歌えて、発声せずに出ていってあれだけ歌えるのを見て、人間てああいうふうにだれでも歌えると思ってた』っと母・松田聖子について語っていました。

ですが、神田沙也加さんは、14~15歳の頃に、母・松田聖子さんのことを「天才型」と評し、自身のことは、

『私はちゃんと訓練して努力しないとああいう風にはなれない』と感じたそうです。

『自分の声にコンプレックスもあるし、自分の歌にも自信がないので、人の何倍もやってそれでも人以下と思っているくらい。日々挫折です』とも語っていました。

このことから神田沙也加さんの並々ならぬ努力がうかがえますね。

きっと抑揚や感情の入れ方などの発声方法を研究して、常に頭で考えて歌っているのではないでしょうか。

自身のことを神田沙也加さんは以下のようにも語っていました。

『感情が最初にこなくて、頭で計算して歌うタイプ。』

『この音を出す時は、上あごの真ん中らへんをねらおうとか、頭蓋骨の中の的をねらって歌う』

やはりそうですね。

歌を上手く歌う方法を忠実に再現すること。

それは、とても当たり前な答えだけど簡単なことではないと思います。何度も何度も練習をして、意識しないと手に入れることは出来ないものです。

それをできるのが、神田沙也加さんなんです。

あの魅了される歌声、透き通った歌声。

神田沙也加さん自身は遠回りに『天才型』ではないと言っていますが、忠実に再現して歌うことができる神田沙也加さんは『天才型』と言っていいのではないでしょうか?

普通の人はなかなできないと思います。

最後の答えが解明されました。

それは、『計算された歌い方』でした!

まとめ

神田沙也加さんはなんで歌が上手いのか紐解いていくと、そこには努力によって生み出された、

  1. 忠実に再現する能力の存在。
  2. 偉大なる母・松田聖子さんの存在。
  3. カップラーメンを食べること。

が歌が上手い理由だと分かりました。

なんだか急に、『アナと雪の女王』を観たくなってきました。(笑)

これからも是非あの歌声を色々な場面で聞きたいですよね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました