浜辺美波はヘビ使い?ドコモ新cmで5gリコーダーを使用した人とは?

この記事は約7分で読めます。

浜辺美波はヘビ使い?ドコモのcmで5gリコーダー使用した人とは?

「5Gリコーダーを吹く浜辺美波さん」▽

数学の先生役をする浜辺美波さんが、「そういえば長谷川先生、5Gリコーダーしてましたよ。」と発言。その言葉に思わず星野源先生が「5Gリコーダー⁉」と聞き返して新田先生(新田真剣祐)と橋本先生(橋本環奈)一同が目を見開き不思議そうに波辺先生を見つめる。「どんなの?、リコーダー?」と問い返す星野源先生に「いいですか、失礼して。」と突然席を立つ浜辺先生。そこで持ってきたのが浜辺先生のマイリコーダー。そして「弾いてみます。」とマイ5Gリコーダーの穴を指で高速開閉して「ピロピロピロピロ~!!!」と音を出す。一同思わず苦笑。そこですかさず星野源先生が「これ、めちゃくちゃヘビが出てきそう(笑)」とツッコミ。一同抑えきれず爆笑する。「これは5Gリコーダーだ(笑)」と星野源先生。「5でも最先端‼」と自慢気に語る浜辺先生。するとそこで浜辺先生「エアーでもやってみます?私弾くんで。」と橋本先生に無茶ぶり。それに対し「エアーでやってみます?」と困惑した表情の橋本先生。半ば強引に浜辺先生に誘われ「あ、分かりました。いきますね、はい。」と返事を返す橋本先生。リコーダーを吹く真似をする橋本先生に合わせて再び高速開閉で「ピロピロピロ~!!!」と音を出し、「ちょっと待って!(笑)これ、なんですか?(笑)」と橋本先生が聞き返す。終始和やかな雰囲気のやり取りでした。

 

今回はその中の1人、波辺美波さんについて紹介します!

浜辺美波▽

ヘビ使い?ドコモのcmで5gリコーダーを使用した人とは?

プロフィール▽

出典:https://twitter.com/

名前:浜辺美波(はまべ みなみ)

生年月日:2000年8月29日(20歳 2020年現在)

出身地:石川県

血液型:B型

身長:156㎝

職業:女優

事務所:東宝芸能

スポンサーリンク

女優として▽

東宝シンデレラオーディション▽

出典:https://twitter.com/

2011年に東宝と東宝芸能が不定期で開催し、第7回目となる「東宝シンデレラオーディション」に応募をしてニュージェネレーション賞を受賞。この賞で芸能界入りを果たし、東宝芸能事務所のシンデレラルームに所属しました。同年、公開された映画「アリと恋文」で主演を機に女優デビューを果たしました。その4年後の2015年には本人のファースト写真集となる「瞬間」を発売しました。

本間芽衣子役▽

出典:https://twitter.com/

同年9月21日に放送されたスペシャルドラマ「あの日見た花の名前を僕らはまだ知らない。」本間芽衣子役を演じて女優として注目されるようになりました。本格的に忙しくなってきたため、2016年に上京。当時の上京した時の心情を、2019年のインタビューでは、私にとって女優は人生をかけるに値する職業だと思っているので、ずっと続けていきたい。新しい世界に飛び込む怖さや不安に関しては、2016年に上京してきたときのほうが強かった。と振り返って語っていました。

「咲‐Saki-」宮永咲役▽

出典:https://twitter.com/

2016年には、人気麻雀漫画が原作の「咲‐Saki-」が実写ドラマ化が決定。主人公・宮永咲役を演じました。また、翌年の2月にこの作品が劇場版となり映画が公開されました。ちなみに「咲‐Saki‐」はアニメ化もされており、その時に声優を務めたのが内田真礼(姉)と内田雄馬(弟)でした。

内田真礼▽

内田真礼のプロフィールはコチラ

内田真礼の弟▽

内田雄馬のプロフィールはコチラ

「君の膵臓をたべたい」山内桜良役▽

出典:https://twitter.com/

日本の小説家・佐野よるのベストセラー小説「君の膵臓をたべたい」が2017年に実写映画化され、この作品で浜辺美波は、主人公・山内桜良役を演じました。最終的に興行収入が35億円を超える大ヒット作品となりました。この作品で第42回放知映画賞新人賞第30回日刊スポーツ映画大賞新人大賞(※映画「亜人」で出演した永井慧理子役も受賞対象と併せて)見事にダブル受賞しました。

亜人▽

出典:https://twitter.com/

漫画原作の映画「亜人」では激しいアクションシーンが多数存在しましたが、運動が大の苦手な浜辺美波にとっては苦労する作品となりました。しかし共演した川栄李奈らのアクションに刺激を受けたことをきっかけに運動の習慣がつくようになりました。実写映画だけでなく、アニメ化もさえています。アニメ化された時の永井慧理子の声優は洲崎綾でした。

洲崎綾▽

洲崎綾のプロフィールはコチラ

浜辺美波は、翌年の2018年に第41回アカデミー賞新人俳優賞受賞しています。同年1月には、河本ほむらの漫画原作「賭ケグルイ」がテレビドラマ化され、主演・蛇喰夢子(じゃばみ ゆめこ)役を演じました。

「賭ケグルイ」蛇喰夢子役▽

出典:https://twitter.com/

2019年のインタビューの際に、「とにかく女優を続けていくこと、自分に素直に、もっと感受性豊かに、いろいろな影響を受けながら、役に寄り添える女優になりたいと思う。」「羨ましいとか、そういった劣等感が原動力になっていると思います。」と語っています。また、賭ケグルイで主演を務めたことで「『楽しい』を表情に出せるようになり、その後の作品現場でも「明るい」と言われるようになった。」と語っています。余談ですが、「賭ケグルイ」は実写映画化もされ、2019年5月公開の公開初日舞台挨拶では、登壇の際に予定していた通路とは異なる場所をうっかり歩いてしまい話題になりました。2020年2月には、プライム帯の連続ドラマ「アリバイ崩し承ります」連ドラ初主演を果たしています。

「私たちはどうかしている」▽

出典:https://twitter.com/

同年8月「私たちはどうかしている」では、主演を女優として務めました。浜辺美波はこの作品で横浜流星とW主演・共演をしています。

共演した横浜流星▽

横浜流星のプロフィールはコチラ
スポンサーリンク

浜辺美波の人物

人物の名前▽

本人の名前が本名かどうかについては、2018年10月のイベントで「なかなか海っぽい、夏っぽい名前です」「本名にするか、芸名にするかの選択肢があったんですけど、父がつけてくれた名前で、すごく自分でも気に入っていたので『ぜひ、このままで』といわせていただいた」本名であることを明かしています。

 

ちなみに、「美波(みなみ)」の名前はあだち充の漫画作品「タッチ」に登場するヒロイン・浅倉南に由来します。また、本人が呼ばれたい愛称として「べーやん」を挙げていますが、なかなか浸透しないと語っています。

性格▽

本人は自身について「決断は早いけど一度決めてしまうとなかなか譲らないので、頑固な性格だと思います」と語っている。また「顔にあまり特徴がないこと」がチャームポイントだと語っていますが、ファンの間では「透明感の持ち主」と評価されている。

好きな食べ物やすきな場所▽

出身地・石川県の郷土料理「真鱈の卵の煮つけ」が好き、好きな場所は「金沢21世紀美術館」を挙げています。

趣味▽

趣味は読書で、よく読む作品を以下に挙げています。

  • 宮部みゆきのミステリー小説
  • 東野圭吾の作品
  • ハリーポッターシリーズ
  • 少年漫画・少女漫画「暁のヨナ」

SNS▽

2016年3月にブログを開設したがSNSなどが苦手なため、ブログを2年以上更新していなかった。そのためマネージャーとの共同管理のもと、2018年4月1日にTwitterの公式アカウントを開設しており、同年7月2日に自身の公式サイト「浜辺美波 OFFICIAL SITE」を開設しています。2020年3月の時点でフォロワー数が100万人突破2020年6月には自身とスタッフによるインスタグラム公式アカウントを開設しています。

 

まとめ

浜辺美波はヘビ使い?ドコモのcmで5gリコーダーを使用した人とは?

〈目次〉

  1. ヘビ使い⁉ドコモのcmで5gリコーダーを使用した人とは?
  2. 浜辺美波の人物
  3. まとめ

まとめとなります△

今回は波辺美波さんについて紹介しました!

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました